スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神話

昔々、とある高等学校の一クラスに三人の神がおりました。

食欲の神・伊藤、性欲の神・北原、睡眠欲の神・堀川。

それら三人の神々の力は常に均衡しており、「三欲神、その均衡崩れしとき世界滅びん」と言われておりました。






………何が言いたいかと言うと。

高校の時のクラスに、いつも食べてばかりいる伊藤君と、いつも異性と遊び回ってばかりいる北原君と、いつも寝てばかりいる堀川君がいました。

彼ら三人はクラスで『三欲神』と名付けられ、常に崇められていました。

『三欲神』の名は伊達でなく伊藤君は本当にいつも何か食べていて、塾の冬期講習でお弁当におせち(重箱で)を持ってきたのは今でも伝説です。

北原君は同時に4人の女性と付き合っていたという逸話を残し、堀川君は遅刻回数の校内記録を打ち立てたらしいです。



まあそれで、今日街でたまたま堀川君に会ったので彼らのことを日記に書きたくなったわけです。(笑)

会ったと言っても、一人マクドナルドで熟睡している姿を見かけただけなんですけど。

まだほんとにそういう人なんだなぁって思いました。なんとなく嬉しかった。



昔からだけど、堀川君の寝る姿は母性本能をくすぐられる。

隣で一緒に寝たくなる。なんとなく。



次の目標は、そのうち伊藤くんに会うこと。

スポンサーサイト

トラックバック

http://arakakidiary.blog109.fc2.com/tb.php/63-9e569f9f

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。